2015/03/28

特殊刺繍機の納品に立ち合いました!

先日、特殊刺繍機の納品に立ち合いました。
TLMXシリーズのトリプルミックス機という、1つの刺繍スペースで平縫いと2種類のハンドル縫いが可能なモデルです。

横幅6メートル、奥行2.5メートルという日本国内向けとしては大型な機械のため、お客様の工場への納品もトラックのユニックで機械を吊り、窓から数人がかりでの搬入となりました。
台車と木材でやぐらを組んだ上に機械を載せて、位置を変えながらゆっくり動かします。
重い機械の為、事故が起きない様、作業者同士が声を掛け合いながら少しずつ室内に運びました。

窓から機械を搬入しているところ
窓から機械を搬入しているところ
建物の中に入りました
建物の中に入りました

今回は窓を全て外しての搬入となりましたが、海外では壁に穴を空けたり、入口を壊して機械を入れ、そのあとに壁や入口を修復することもあります。
狭い設置場所の場合は、予め搬入が可能であるか、設置業者さんとの慎重な打合せや確認が必要です。
お客様を訪問した際に、どうやって機械を入れたんだろうと不思議に思うような場所でも所狭しと機械が設置されていることがあります。

搬入が終了すると、機械の水平出しや搬入の為に取り外していた部品の取付を行った後、試縫い及びオペレータの方への操作研修が行われます。
今回は試縫いの途中で一旦作業を終了し、後日に試縫いと操作研修を行うこととなりました。

付属品の確認&取付
付属品の確認&取付

ホームへ先頭へ前へ戻る