2013/7/16

ネットで見つけた素敵な刺繍-3「グリッチ刺繍」

メーカースタッフは”ドキッ”としました

今回で3回目ですが、またまた「Google アラート」がとても興味深い刺繍を教えてくれましたので、紹介させていただきます。

今回の刺繍は、ロゴや文字を欠けたようなデザインに仕上げる刺繍で、
「グリッチ刺繍」と命名されていました。

実は刺繍ミシンのトラブルで「柄ズレ」(補足)という現象がありますが、この「グリッチ刺繍」は柄ズレを連想させるデザインでしたので、刺繍ミシンメーカースタッフとしては、とても気になる存在になってしまいました。

刺繍を語るたじまん
刺繍を語るたじまん

よろしければ一度ご覧になってみてください。

掲載元はこちらです。> 
   パワー、”グリッチ”刺繍を提案 / 繊研プラス: ファッションビジネス専門紙


(補足) : 柄ズレは刺繍ミシンや刺繍機のトラブルで、刺繍途中に何らかの原因でステッチデータが抜けたり、誤ったステッチデータに変化してしまい、これにより刺繍のデザインが途中から崩れた状態で刺繍されてしまう現象です。

ホームへ先頭へ前へ戻る