2020/12/24

トリックアート4

影文字刺繍

本日の精研ブログを担当いたします三谷です。
よろしくお願いします。

今回は、トリックアート刺繍企画第4回目
影文字に挑戦します。

影文字

「影文字」とは、文字を影のみで表現する方法です。
通常は、文字を立体的に見せるには、影を付けます。
しかし影文字は、文字の部分を消して影のみを残します。
さあ、どんな感じに見えるでしょうか?イメージ図をillustratorで作ります。

最初に文字を入力します。
最初に文字を入力します。
文字に影を付けます。
文字に影を付けます。
文字を消して、影のみを残します。
文字を消して、影のみを残します。

じっくり眺めていると、赤い影しか描かれていないのに、白い文字が浮かび上がって見えませんか?
目の錯覚を利用して、影のみで文字を立体に見せる技法が「影文字」です。
この影文字を刺繍で表現できるかどうか挑戦してみたいとおもいます。

影文字を刺繍する

実際に影文字を刺繍してみましょう。

じっくり眺めていると文字が浮かび上がって見えますね。


斜めから見ると立体感が強調されます。
影の黒い部分のみ刺繍をしているのに、自然と白い文字の輪郭が見えるような錯覚に陥ります。
刺繍でも影文字の立体感は表現できていますね。

影文字刺繍は、いかがでしたか?影を太くすると、立体感が増しますよ。
一風変わった文字表現に影文字刺繍はどうでしょうか?
フォントや影の向きを変えると、違った雰囲気になりますので、色々試してくださいね。


精研は刺繍ビジネスをサポートします。気になることは、お気軽にご質問ください。

ホームへ先頭へ前へ戻る