2020/08/26

マイティフープの紹介

本日の精研ブログを担当いたします三谷です。
よろしくお願いします。

今回は、磁石の力で生地をワンタッチで固定する刺繍枠「マイティフープ」を紹介します。

マイティフープ

マイティフープとは、磁石の力で生地を挟んで固定する刺繍枠です。
袋物枠では挟みにくい厚手の生地や、挟み後をつけたくないデリケートな生地に使用します。

マイティフープは、内枠と外枠の2つのパーツで構成されています。
外枠と内枠は磁石の力で互いにくっつき、2つの枠の間に生地を挟んで固定します。

生地を固定する仕組み

マイティフープが生地を固定する仕組みを見ていきましょう。

マイティフープの外枠の上に生地を乗せます。

内枠を近づけると、磁石の力で外枠とくっつき生地を固定します。

裏側から見るとこんな感じです。

磁石の力で、しっかり生地を固定しています。

マイティフープを使って刺繍を入れる

マイティフープを使って刺繍を入れる

しっかり生地を固定しているので、綺麗な刺繍が入りました。

生地をセットする

マイティフープに生地をセットするときは、フープマスターステーションを使います。
ポロシャツの背中にマイティフープをセットしてみましょう。

フープマスターステーションに外枠を置きます。

ポロシャツの裾を広げて、フープマスターステーションの上部から被せていきます。

内枠を近づけ外枠とくっつけます。

生地が固定されました。

こちらは、フープマスターステーションより小型のフリースタイルアームです。

フープマスターステーションとフリースタイルアームを組み合わせて使う事もできます。

ちょっとしたコツ

マイティフープを保管するときは、内枠の上に外枠をずらして置いておくと、枠はめ時に簡単にばらすことができます。

磁石の力で簡単に「パチン」と生地を固定できるマイティフープはおすすめですよ。


精研では、タジマ刺繍機の各種刺繍枠を取り扱っております。

マイティフープが気になった方は下記のバナーよりお問い合わせください。↓↓↓

ホームへ先頭へ前へ戻る