2020/5/12

便利グッズ紹介2

リッパー

本日の精研ブログを担当いたします三谷です。
よろしくお願いします。

今日は、あったら便利なグッズを紹介します。

刺繍をほどく時、どうしていますか?
にぎり鋏の先で糸をほぐしながら切っているときに、生地まで切ってしまった経験はありませんか?

そんなときには、リッパーの出番です。
リッパーとは、糸を切る手芸用品です。
実際に見ていきましょう。

全長は12センチ程です。

使い方は、切りたい縫い目を針先ですくい、そのまま奥まで押し込んで糸を切ります。

針先は、ボールポイントになっており、根元が刃になっています。

拡大画像です。

もちろん、刺繍にも使えます。
生地裏側から、針先で下糸をすくいます。

根元の刃で下糸を切りながら、次の下糸をすくっていきます。

下糸が切れたら、生地表側の上糸を引っ張りほどいていきます。
きちんと下糸が切れていれば、するするほどけていけます。

縫い目の細かい所に針先を入れるのが難しいですが、慣れてくればテンポよく切っていけます。
剃刀やデザインナイフを使うよりも、生地にダメージをあたえ難いので、リッパーはおすすめですよ。
手芸用品店や100円ショップの手芸コーナーでも購入できますので、試してみてくださいね。

また便利なグッズがあれば紹介していきます。

ホームへ先頭へ前へ戻る