2020/4/3

初めて刺繍機の導入を考える人に絶対に知ってもらいたいこと

リード文

こんにちは。樋口です。
今回のテーマは「初めて刺繍機や刺しゅうミシンの導入を検討する人に絶対に知ってもらいたいこと」という内容です。

1.専用ソフトが必要です❗️

刺繍機(刺しゅうミシン)に刺繍させるためには刺繍データを作成しなければなりません。ネットなどで情報収集すると、大体ここまではすぐわかると思います。しかしここで大きな勘違いをされる方が大変多いです。

刺繍機はAdobeのIllustratorでは動きません!

刺繍機とAdobe Illustratorには何の互換性もありませんし、他のドローイングソフトも同様です。従って刺繍機の導入を検討する時は必ず! 刺繍機+専用ソフトが必要であることを知っておいてください。

2.刺繍を知っているデザイナーさんが必要です❗️

弊社に来社いただくお客様の中に、「うちはデザイナーがいるから刺繍も簡単に作れる。」と考えている方が少なくありません。
残念ですが、刺繍の知識がないと、刺繍のデザインは作れません。
しかし、ご安心ください。
弊社では刺繍機の販売だけでなく、刺繍用のデザイン作成のアドバイスも行っています。

3.刺繍機は人が動かすことを前提としています❗️

刺繍機がプリンターやレーザー加工機などと大きく異なる点は『人が動かす』ことを前提としています。ですから専任の刺繍機オペレーターが必要になります。
刺繍機も他の縫製ミシンと同様の細かな微調整が必要な場合もあります。
初めからできる人はいないので、心配する程のことではありません。
しかし、スイッチを入れたら勝手に出来上がるものでもありません。

簡単でないからこそ専門のエンジニアがサポートします❗️

ここまで読まれたあなた、刺繍機は導入しただけでは簡単にいかないとお感じになられたのではないでしょうか。
刺繍もビジネスでやる以上、簡単なことではありません。
しかし、簡単でないからこそ私達のような専門家がいてお客様をサポートしています。
弊社は『刺繍ビジネス全般に関わる問題を解決する』ことを事業目的としており、タジマ刺繍機の導入からメンテナンス、使い方指導など、一貫したサポートを提供する会社です。
タジマ刺繍機の導入に関するお問い合わせ等ございましたら、是非、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。
よろしくお願いします。

ホームへ先頭へ前へ戻る