2020/3/30

手作りマスク3

どんでん返しマスクを作る 子供用

本日の精研ブログを担当いたします三谷です。
よろしくお願いします。

今日は手作りマスク最終回、どんでん返しで子供サイズのマスクを作ります。

材料は、表地と裏地になるダブルガーゼ(柄)と、中地になる無地のガーゼ。
洋裁では、生地を中表にするのはよくあるのですが、そこに無地のガーゼを4枚追加します。
合計6枚を重ねて、刺繍枠にセットします。

刺繍機に刺繍枠を取り付け、刺繍データをセットしてスタート。
縫い上がれば、枠から生地を外して裁断します。

返し口から生地を返していきます。
表地と裏地を中表に縫い合わせ、返し口からひっくり返すことを、どんでん返しと呼びます。

ゴムを通す部分を両端から折り曲げます。
次に、置き縫いでステッチを縫います。
最後にゴムを通して完成です。

今回は、刺繍枠サイズの関係で4個作りましたが、大きい刺繍枠が使える刺繍機や多頭機だと、もっとたくさん作る事ができます。

3週にわたりお送りしました手作りマスク、いかがでしたか?
他にも色々な作り方がありますので、自分だけのオリジナルマスクを手作りしてみませんか。

ホームへ先頭へ前へ戻る