2020/3/24

手作りマスク2

刺繍機でマスクを作る

こんにちは。精研の三谷です。

点線に沿って折り曲げてできる「手作りマスク」の続きです。
今回はマスクに刺繍を入れようとおもいますが、せっかくなのでゴムを通す縫製部分も刺繍機を使って縫ってみます。

「置き縫い」という方法で進めていきます。
まずは刺繍データを専用のパソコンソフトで作成します。

マスクと同じ大きさの長方形(黄色い線)を作り、ゴムを通すステッチ線(赤い線)を引きます。(上下に4本出ている線はゴムを通すステッチ位置の目安です。)

ここからカスタムしていきます。
ステッチを飾り縫いに変換し、桜の絵柄を入れてみました。

刺繍データはこれで完成です。

ここからは刺繍機を使った作業です。
今回は「TAJIMA彩-SAI-」を使います。

袋物枠(刺繍枠)にグッドパンチシートをセットし、先ほど作ったデータを縫い、刺繍を入れる部分をカットします。(ゴムを通すステッチ部分と桜の絵柄部分)
カットした周りに両面テープを張り、オレンジ色の糸で縫った線に沿ってマスクをセットします。

マスクを縫っていきます。最初は飾り縫い、次は桜の部分です。

最後にゴムを通して完成です。
データを少し変えて、もう一つ作ってみました。

今回は、刺繍機でマスクを作ってみました。
刺繍枠にマスクをセットして、刺繍機に刺繍データーを入力すれば、あとは完成を待つのみ。
高速で動く針、繊細に動く枠、そして徐々に出来てくる刺繍を見ていると楽しいですよ。

次回は手作りマスク最終回、どんでん返しでマスクを作ります。

ホームへ先頭へ前へ戻る